瞬き。呼吸。歩く。走る。喋る。

私達が普段何気なく行なっている行動というのは、全て「脳」で管理されています。
脳は、人間の動きをコントロールする大事な箇所であり、脳みその活動が止まってしまった場合、心臓が動くだけの植物人間となってしまいます。
植物人間・・・。それは自分自身で息をすることも出来なければ、人と会話をすることも出来なければ、まぶたを開けて人の姿を見ることも出来ません。
「脳死」してしまった場合、病院で生命維持装置をずっと付けておかないと、人間は生きることが出来ません。生命維持装置を付けることによって延命することができますが、外せばその時点で生命活動は止まってしまうのです。

人間の中でも、心臓と同じぐらい大切な臓器と言っても過言では無い、脳。
人間の中に存在する臓器というのは何らかの病気にかかってしまうことがありますが、これは脳も同じ。
脳が病気に犯された場合、それは死に直結する可能性が非常に高い為、脳の病気になってしまうのは、誰もが避けたい事実でしょう。

そんな脳の病気でも、気をつけたいのが「脳腫瘍」という病気。脳腫瘍になって症状が悪化していくと、段々と人間が人間で無くなっていってしまいます。
脳腫瘍は脳の病気でも発症率が高く、尚且つ私生活の過ごし方が発症の因果関係に大きくあると言われているのです。
脳腫瘍になってしまった場合、必ず病院で治療を受けないと、いずれ死に至ってしまうことに・・・。

脳腫瘍は、少しずつ症状が悪化していく病気であり、発症したサインは誰にでも必ず現れるはずです。
脳腫瘍のサインを事前に知っておき、それを感じたらすぐに病院に駆けつけることが、脳腫瘍を防ぐ唯一の方法と言えます。
「ちょっとぐらい大丈夫・・・。」といった理由で病院に通わず我慢するというのは、自殺行為です。

このサイトでは、人間の生命を奪ってしまう恐ろしい病気、脳腫瘍に関して詳しくご紹介していきます。
自分の異変に気付けるのは、自分だけ。正しい知識を身に付けて、脳の病気を防ぎましょう。

放置してはいけない病気のサイン。それが聴神経腫瘍の病気です。専門医なら治療してくれる技術と設備が整っているから安心です。

2014年8月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031